感じて☆RIDE!!

とあるリターンライダーの記録簿

MT-09インプレというほど大層なものではないけど

購入からもうちょっとで2ヶ月。

興奮はだいぶ冷めてきて、冷静にMT-09と向き合えるようになってきました。

なのでここらで、MT-09に関して思ったことをつらつら書いておきます。

 

MT-09の良いところ

①速い

正確に言うと加速がすごい、です。

Aモードでフルスロットルはいまだに怖くてやってませんが、STDモードですら前輪の接地感がなくなるぐらいには浮きます。バイクにしがみつかないと吹っ飛ばされそうになるあの加速感、あれはもう麻薬です。

 

②軽い

中型かよ!ってくらい軽いです。ていうか、実際400より軽いんですけどね(ABSモデルで191kg)。

軽さはやはり最大の武器です。あらゆる要素に影響しますから。もちろん、手押しするときもね。

 

③安い

このスペックでこの値段、ありえないくらい安いです。スズキかよ!ってくらい安いです(唐突なスズキdis)。

MT-07はもっと安い。中型かよ!ってくらい安いです。一体、どうしたのヤマハさん……。

このバイクをこの値段で出したら、他のメーカーはやってられないんじゃないか、そう思わずにはいられません。

 

まぁ、良いところは他のサイトでも言及されているし、今更感が否めないのでこんなもので。次は悪いところにいってみましょう。

今回は正直こっちのことについて書きたかったんですよね。客観的にバイクに乗れるようになったので、悪いところがはっきり見えてきました。

 

MT-09の悪いところ

①しょぼい足回り

コストダウンの1番の犠牲になったのが足回りでしょう。

ふにゃふにゃのフロント、すぐ跳ねるリア、スピードが出ているときは恐怖そのものです。モタード風の足回りなんて方便もいいところで、明らかにエンジン性能についていけてません。

街乗りでとろとろ走れば気にならないんですけどね。それなら別のバイクでいいじゃんて話で。がっつり乗るなら、やはり手を入れるしかないですね。

 

②重すぎるクラッチ

りんごを素手で割るくらいの握力があれば気にならないんでしょうけど、普段はカバンより重いものを持たないごくごく普通の一般人には重すぎるクラッチ。半クラしているだけで腱鞘炎になるんじゃないかってくらい重いです。

対策方法はいくつかあって、

・クラッチワイヤーのプルレバー変更

・スリッパークラッチ換装

これらを施すとぐっと軽くなります。俺はスリッパークラッチ化しましたけど、劇的に変わりました。エンブレもややきつめから普通に変わって大変満足。

 

③融通の効かないフロントブレーキ

気にならない人は気にならないのかも知れないフロントブレーキ。慣れの問題なのかも知れませんが。

理想のブレーキは、じわーっと効いてレバーを握り込んだその先でぐっと効くような感じなんですけど、MT-09は効き始めが速すぎるんですよね。

一番不便しているのが停車時。フロントブレーキで止まろうとすると、ガッと効いて思い切り前のめりになります。そしてふにゃふにゃのフロントフォークがしこたま沈むんです。これ怖いですよー。気を抜いたら立ちごけ待った無しなので。

なので、次はマスターシリンダーを交換したいと思います。

 

気になる部分は以上です。

見事に3つともコストダウンで割を食った箇所ですね。これらをすべて改善したら、多分普通の大型バイクなみの値段になりそうです。つまり、MT-09は買ってからお金がかかるバイクというわけです。

 

2017年モデルはここらへんがだいぶ改善されてそうですけど、それに伴って値段も上がりそう?(いくらなのか知らない)

トラコンもついてるし、従来のMT-09とは別物の乗り心地っぽいですよね。

 

う、うらましくなんてないんだからねッ!

 

いや普通に羨ましいですけど、これはこれで少しずつ良くなっていく過程が楽しめるので、そこを許容できる人じゃないとMT-09はちょっと厳しいのかなって思います。

 

ご参考までに。